「路(ルウ)~台湾エクスプレス~」を見逃した時に視聴できる動画配信サイトはこちら!

路(ルウ)~台湾エクスプレス~ 企業

2020年5月16日(土)スタートのドラマ「路(ルウ)~台湾エクスプレス~」を見逃した場合に視聴できる動画配信サイトをまとめました!

当記事の情報は、2020年5月18日時点での情報です。配信作品や料金は定期的に入れ替わりますので、正確な情報は各公式サイトにてご確認ください。

無料の見逃し配信は無し…

最新話がテレビで放送された後に1・2週間程度の見逃し配信されるドラマが多いのですが、残念ながら「路(ルウ)~台湾エクスプレス~」はテレビ放送を見逃すと有料の配信サイトでしか視聴できなくなります。

 

見逃し配信を視聴できる有料の動画配信サイト

動画配信サイト 配信開始日 月額(税込) 無料お試し期間
NHKオンデマンド(U-NEXT) 配信日未定 990円 1ヶ月

なお、初回登録の方は無料お試し期間あり、途中解約では料金は発生しません

 

ドラマ「路(ルウ)~台湾エクスプレス~」の作品紹介・あらすじ

1999年の仕事納めの日、東京の商社・大井物産社内が大歓声に沸いた。台湾高速鉄道の車両システムの優先交渉権を日本の新幹線が大逆転で獲得したのだ。

入社4年目の商社社員・多田春香(波瑠)は台湾への出向が決まった。春香には大学時代、初めて台湾を訪れた夏の切ない思い出があった。エリック(アーロン) という名の台湾人青年と偶然出会い、たった一日だけ台北を案内してもらったが、その後連絡が取れなくなってしまったのだ。何とかエリックを探し出そうとしたがかなわなかった春香は、彼への思いを封印する。

あれから6年─。二度と台湾へ行かないと心に決めていた春香だったが、台湾新幹線建設チームの一員として、再びその地を踏むことになる。

引用元 : 公式HP

オープニング主題歌はChendyの「つながる心」

 

CDシングル、各ダウンロードサイト、サブスクリプションサービスなどでの配信リリース情報は未定です!

 

原作は吉田修一の『路』

原作は吉田修一さんの『路』。

《吉田修一さんのことば》

 

私はこれまで台湾と台湾の人たちから多くのことを学んできた。学べば学ぶほど、生きていくということは素敵なことなのだと思うようになった。
今回のドラマ撮影を通して、主演の波瑠さんが「食べることは生きること」だと台湾で学んだとおっしゃり、アーロンさんは二人の恋愛をクレヨンで描かれた絵のようだとおっしゃっていた。
私が本作で書きたかった台湾や登場人物たちの魅力がしっかりとお二人に伝わっていることが嬉しかったし、何よりも日台のスタッフの方々が本当に誠意を持って今作を作って下さったことに感謝している。
力強い人々と、切実な思いと、そして色鮮やかな台湾の風景。
一人でも多くの方に、このドラマを見て頂ければと思います。

引用元 : 公式HP

 

登場人物・メインキャスト

多田春香・・・波留

安西誠・・・井浦新

山尾一・・・寺脇康文

葉山勝一郎・・・高橋長英

葉山曜子・・・岩本多代

池上繁之・・・大東駿介

有吉咲・・・草刈麻有

劉人豪(エリック)・・・炎亞綸(アーロン)

ユキ・・・邵雨薇(シャオ・ユーウェイ)

台湾料理屋のおばちゃん・・・林美秀(リン・メイシュウ)

中野赳夫(呂燿宗)・・・楊烈(ヤン・リエ)

ケビン・・・許光漢(グレッグ・ハン)

林芳慧・・・安娜李(アンナ・リー)

ジャック・バルト・・・Gary Edward Gitchel(ギャリー・エドワード・ギッチェル)

レスター・王・・・梁正群(リャン・ジェンチュン)

陳威志・・・李梓誠(リー・ズーチェン)

張美青・・・吳玳昀(ウー・ダイユン)

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました